★「大学休講」“遠隔授業/オンライン授業”はビジネスチャットツールで実現可能(LINEWORKSを事例としての御提案)★

 

◆大学の「遠隔授業・オンライン講義」はビジネスチャットツールを活用して安価で簡易な仕組みを提供せよ(御提案)◆

 

 

新型コロナウィルス感染症の影響により小中学校が休校になり、多くの大学でも開始が延期となる見込みである。

 

残りの人生に期待をするようなことがなくなる40歳目前の自分とは違い(将来に悲観的だw)、青春時代というのは期待に胸を膨らませ、様々な喜怒哀楽を経験するかけがえのない時間であると考えている。時間の価値は年齢により異なり若者の時間は宝なのだ。村上春樹の三部作を読めばわかる。

 

だから、若者の貴重な時間が削られてしまうことが気の毒で辛くて悲しくて苦しい。新型コロナの終息を願うと同時に学校休校や大学休講は出来るだけ短くする対策を取っていただきたいと考えている。

 

一方で「大学は遊ぶ場所であり学ぶために大学へ行く必要はない」(イーロン・マスク)とも言える。私は現実的な人間でこのイーロン・マスク氏のとの主張にかなり賛同的である。大学に行かなくても本があれば学べる。

 

『グッドウィルハンティング』でスラム貧民層出身の天才主人公(マット・デイモン)がハーバード大学の学生に対して放った科白「君が5万ドルで得た知識は図書館に行けば5ドルで手に入る」という言葉に学問の全ては集約されているように思う。

 

真に大切なのは授業ではなく人と人との出会いであり場の機能としての大学であるという立場だ(もちろん究極的にはという意味で極論ね)。

 

だから大学がスタートできないとするならば、講義は「遠隔授業/オンライン授業」を工夫して実施すれば良い、ある程度のテクノロジースキル(ITリテラシー)がある人材がいれば、困難なく遠隔授業/オンライン授業が開始(実現)できると考えていた。

 

にも関わらず、どうやら大学は「遠隔授業/オンライン授業」の導入に苦戦しているようだ。日本企業や行政機関のITレベルは米中(USA&CHINA)に周回遅れになってしまっているが、大学も状況は似たようなものなのかもしれない。

※「Zoom」の騒動を見ていると、よく知りもしないシステムを見切りで導入するセキュリティ意識の低さも伝わってくる。

 

悲観的になって現状否定をしたいわけではない。「遠隔授業/オンライン授業」はビジネスチャットツール「LINEWORKS」を導入すれば簡単に実現できる。という紹介/御提案である。大学が「遠隔授業/オンライン授業」に四苦八苦している報道を目にして詳しい人材が不足しているのでは?と考えたので綴る(杞憂であればそれに越したことはない)。

 

※もちろん本格的なシステムとして導入するには、相当額と相当量(稼働)のシステム投資が必要になる。放送大学のような仕組みの構築は一朝一夕にできるものではない。しかし、簡易な遠隔授業であればビジネスチャットツールで代替可能である。私が愛用しているLINEWORKSの運用を想定して考えてみることとしたい。※LINEWORKSを紹介する特典は私にはなにもないことだけお断りしておく。紹介商材にしてくれ!

 

単純化すると「遠隔授業/オンライン授業」の必要要件は以下の3つ程度だろう。

・受講者管理(トーク&メールでアカウント管理)

・コンテンツ配信&管理(VOD配信をDriveで管理)

・小テスト(アンケート機能-複数選択式質問と記述式質問を実施可能)

 

これをLINEWORKSで実現できる。学生へはURL通知をするだけで良い。学生側のデバイスは問わない。最悪スマホから受講することも可能だ。重要なポイントは受講者に負担をかけずに「遠隔授業/オンライン授業」を提供することだ。

 

金をかければ(それなりの投資をすれば)高機能な「遠隔授業/オンライン授業」環境の構築が可能であるけれども、シンプルな「遠隔授業/オンライン授業」システムは容易かつ安価に実現できる。

 

もう大学のシステム(教職員&学生アカウント)をLINEWORKS等のビジネスチャットツールにリプレイスしたら良いのではないかと思ったりもする。しかし現状を変えるシステムは日本では無能な既得権益の反対により頓挫するのが常なのでスモールスタートするのが良いだろう。

 

私が詳しくないだけでLINEWORKS以外でも「遠隔授業/オンライン授業」を簡易導入できるシステムはいくらでもあるだろう(グループ チャットソフトウェアのMicrosoft Teams 等)。優れたシステムを柔軟に導入すれば実現できる。

 

しかし残念ながら、日本はIT劣等国で糞システムを提案する業者とシステムの価値を評価できない無能な人材が意思決定層に溢れていて、学生にとって便利で価値のある「遠隔授業/オンライン授業」を提供するという目的が達せられず大学も教授も学生も登場人物全員が皆ストレスフルで不幸になるという事態がなんとなく予想できるため、長引くかもしれない新型コロナの最悪想定も考慮して迅速に取り組んで欲しい。

 

新型コロナが収束して、学生の素敵なキャンパスライフが早く開始されますように。