★スシローのセルフレジが秀逸な件 | スシローから学ぶQRコード決済/キャッシュレス決済★

 

「スシローのセルフレジが最高に便利」

「スシローのセルフレジはQRコード決済/キャッシュレス決済の到達点」

「全ての小売店はスシローの決済フローとシステムに学ぶべき」

 

スシローセルフレジ

 

世の中には残念なセルフレジとキャッシュレス決済が多数存在する.これは,ITリテラシーが低い経営者やシステム担当者が,情報弱者の消費者をターゲットにしてシステム開発するために,不便で使い勝手の悪い決済フローやセルフレジが出来上がるというウンザリするようなIT途上国日本.

 

典型的な事例はこちら(★イトーヨーカドーのセルフレジの問題点から考える日本企業の生産性の低さ「セルフレジ考察」★).

 

日本の小売業で優れた決済システムを導入しているのは,GU(ジーユー/ファーストリテイリング)しか見たことがなかったのだが,スシローのセルフレジが大変に秀逸であったので考察することとしたい.

 

「モンブラン」が食べたくて1年ぶりにスシローに行った.低価格回転ずしの最大手のスシロー.ランチ時間帯や夕食時間帯は混雑が激しく,自宅から一番近い店舗でも少々距離があるために,近場に用事があるという時以外は訪問することはない.

 

それでも,安くて不味くないファーストフードは貴重であり,私は高く評価している.モスバーガー等の中価格ファーストフードはごっそりと格安回転寿司に客を取られたというのが個人的な分析である(★「モスバーガー業績不振」悪評記事から赤字転落「モス復活に向けた処方箋-新商品開発とコスパ改善-」★).

 

スシローのモンブラン.通常の商品でも美味しい.それが期間限定で特別モンブランが提供されるというので足を運んだ次第だ.にも関わらず訪問店舗では提供されずメニューへの掲載もなかった.「店内しぼりの渋皮モンブラン」店舗限定だったのね….通常モンブランもなかった.

 

意気消沈しつつ,チーズケーキ+パフェを食してお会計.するとスシローがセルフレジに進化を遂げていた.そしてそのスシローセルフレジが素晴らしいUX/UI(ユーザエクスペリエンス/ユーザインターフェース)なのだ.

 

日本の大手スーパーマーケットのセルフレジシステムが究極に非効率なのは先の記事で紹介した通りだが,スシローの「支払い」システムは完璧である.セルフレジも最高に使い勝手が良い.ここで「支払い(会計)」フローを整理しよう.

  • ①会計ボタンを押す(客)
  • ②皿を数える(店員)
  • ③会計カードを渡す(店員→客)
  • ④セルフレジで支払う(客)

会計において店員が果たす役目は,皿を数えて,端末に入力し,会計カードを客に渡すことだけである.シンプルで良い.この最低限のフローさえ出来ていない企業が日本には溢れており,世界で最底辺のIT後進国()であることをわからせてくれるが,スシローのセルフレジ機能が圧倒的に秀逸なのだ.

 

会計カードをセットして支払い方法を選ぶ.現金払いでもクレジットカード払いでもQRコード決済払いでも客が希望する支払い手段で会計が可能であり,会計カードとQRコードの読み取りを共通化してセルフレジに搭載している.

 

QRコード払いで問題になるのは,客に金額入力をさせる方式である.客による誤入力及び店員の確認の手間が効率を著しく下げている.それをスシローのセルフレジは解決した.単純な仕組みであり,高度な技術が使われているわけではないのだが,簡素で便利な決済システム.使ってみると「これまで経験した中で最も完璧なセルフレジ」であり「セルフレジの到達点」ということが実感できる.

 

あらゆる小売店は,スシローの仕組みに学ぶべきだろう.日本は頭が鈍くてIT技術への理解が薄いコンサルタントに大枚をはたいて,不親切で使い勝手の悪いシステムを導入する事例が溢れているので,少しでも改善することを期待したい.

 

★PayPay(ペイペイ)がQR決済市場制覇へ | IT後進国日本の電子決済(スマホ決済)と電子マネー★