★「スタディサプリ」は何が凄いのか?低価格&高品質な教育を実現する画期的なサービス★

 

◆優秀な先生の最高の授業を格安で受講できる「スタディサプリ」が素晴らしい | コストパフォーマンス最強の「スタディサプリ」をすべての子どもにお勧めしたい | 教育に価格破壊を起こした「スタディサプリ」は塾と予備校,通信教育を全滅させるだろう◆

 

 

リクルートが格安で高品質な教育サービス「スタディサプリ」で教育に革命を起こした.「スタディサプリ」は有名予備校の人気講師の授業を,スマホやパソコンなどのデバイスで受講することができるネット予備校である.

 

「スタディサプリ」のインパクトは絶大であり,塾や予備校,ベネッセ,学研,Z会等の通信教育を駆逐するだろう.教育産業に良質なサービスと価格破壊でイノベーションを実現した「スタディサプリ」,この素晴らしいサービスの活用方法について考察するとともに,サービス分析することとしたい.

 

なお,スタディサプリの活用方法については別記事にまとめた(★「スタディサプリ」をテレビで見る! TV視聴でスタディサプリを最大活用★)をご覧になっていただければ幸いである.

 

 

スタディサプリの素晴らしさは「低価格でありながら高品質の教育コンテンツ」「スマホやタブレット,パソコンなど様々なデバイスからアクセスできる利便性の良さ」を実現していることの2点で説明することができる.

 

IT(テクノロジー)を手段としてだけではなく,コンテンツと両立させたことが革新的であり,しかも競合他社よりも圧倒的に安い.だから他のサービスとは比較にもならず,完全勝利できるポジションにいる.

 

 

 

・スタディサプリは月額980円(税抜)で有名予備校の人気講師の授業をオンラインで受講できる.

・スタディサプリはスマホ,タブレット,PCなど様々なデバイスで利用可能.

・有料会員数が40万人を突破(2017年末現在).

・既に全国の学校の現場でも導入されている(700高校以上).

・リクルートが莫大な投資をして圧倒的な低価格を実現した革新的サービス.

 

 

スタディサプリの素晴らしさは様々なメディアで紹介されている.上記の説明ではしっくりこなかった方は,以下の記事をご覧になっていただきたい.

 

→受験業界の「黒船アプリ」 なぜリクルートが創れたか

 

→スタディサプリは教育産業に「革命」を起こすか

 

→月980円で見放題のネット授業を生んだ「教育格差解消」というロマン

 

→リクルート「スタディサプリ」に教師や社会人までもが殺到する理由

 

 

簡単にスタディサプリの強みをまとめただけでも,その凄さがわかっていただけると思う.つまり詳しく説明することが不要のサービスなのだ.にも関わらず,日本人のリテラシーの低さがこの素晴らしいサービスの爆発的な普及を抑えている.おそろしい現実であるが目を背けるわけにもいかない.

 

 

 

 

日本人の教養とリテラシーは危機的なレベル

 

「中学生になる子どもを塾に行かせる必要はあるか?」

という相談や質問をよく伺う.私の答えはこうだ.コストパフォーマンスが最強の「スタディアプリ」というインターネット予備校サービスがあるからそれを利用すれば塾以上に効果的かつ効率的に学習できる.

 

お金に十分な余裕があるのであれば塾に通うことはメリットも大きいけれども,東大京大や医学部を目指すのではなければ,スタディサプリで十分戦える.個人塾や大手予備校よりも質の高い授業が月額1,000円で利用できるから,スタディサプリを活用するのが良いのでは?

 

とスタディサプリをおすすめしている.これまで30人以上にこの話をしたきた.この説明に対して「最高の教材を与えても,子どもが家で勉強する習慣がないから活用できるかどうか不安」とか「映像配信ではわからない点を質問できないけど大丈夫かな?」という反応であれば,その指摘は理解できるし,塾も並行して活用するのが良いかもしれないとアドバイスができる.

 

「スタディサプリ」が万能というわけではないし,自習に向かない子どももいるだろう.自習習慣を身に着けることが肝要だ.しかし,そんな生産的な議論になることはまずない.大抵は「スタディサプリって何?」とか「ネット予備校って大丈夫?」という質問が返ってくるのだ.

 

当初は私の説明が下手な面もあったのだろうと反省した.だから,WEBサイトを見せ,実際の講義を見せて,かつ簡潔に特長を平易な言葉で解説し,できるだけ親切かつわかりやすくなるように言葉を紡いできた.スタディサプリが優れたサービスであるかをを可能な限り丁寧かつ我慢強く説明してきた.

 

それでも,塾に行かせなくて大丈夫かな? という答えが返ってくる.スタディサプリ凄いね! とか どうしてスタディサプリはこんなに格安で提供できるの?ヤバいね!といった反応はない.

 

あぁ,おそらく毎日スマホゲームに熱中し,新聞や経済誌を読むこともなく,情報の入手はテレビとネットであるリテラシーの低い層には,このサービスの良さが理解できないのだろう.人は信じたいものしか信じないし,自分の理解の範疇外にあるものに対しては,違和感を覚えたり拒絶を示したりする.

 

そして無教養な情報弱者は,先生の質が疑わしい個人塾や大手予備校に月々数万円の月謝を払い,子どもに教育の機会を与えたと自己満足する.親が無知で無教養だと子どもは救えない.残念かつ残酷な現実だ.

 

 

勘違いしないでいただきたいのだが,情報弱者を馬鹿にしているわけではない.本人の意識だけではなく,育った環境や日本の教育システムなど,様々な要因がある.それに分数の計算ができなかろうが,水素水を信奉していようが,現実生活で困るわけでもない.本人の自由であり馬鹿だの阿呆だの情弱だのディスるつもりは欠片もない.

 

ただ,教育の効果と可能性を少しでも感じることができるのであれば,