★ロシアW杯サッカーのパブリックビューイング&観戦プランの導入を!飲食店でW杯観戦したい!★

ワールドカップ「サッカー」ロシア大会

 

「サッカーワールドカップ スポンサー企業は広告の効果を考えているのか?」 「KIRIN様 キリンシティ等系列飲食店でW杯サッカー観戦プランを企画しませんか?」 「飲食店各位 W杯サッカーが観戦できる環境は簡単に構築できる」 「家電量販店各位 飲食店や貸会議室にスポーツ観戦環境を整えるべくプロジェクターを売りに行こう」 「アディダス様 ブランド価値向上と公式グッズ拡販に向けて工夫しては?」「広告をマーケティングや営業と組み合わせられない残念な日本の企業」

 

 

「2018 FIFAワールドカップ ロシア」が2018年6月14日~7月15日にかけて開催されます.直前のハリル氏の解任や,おっさんジャパンと形容されるほどに新鮮味のない代表メンバー.これまでの戦績を考えれば予選突破は厳しいのではないか? というのが下馬評ですが,そうは言っても,4年に一度のサッカーの祭典であるワールドカップ.コアなサッカーファンではなくても,世界トップクラスのプレーを観戦したい方も多くいらっしゃることでしょう.

 

 

そもそも,これまでもサッカーワールドカップを盛り上げてきたのはにわかファンの盛り上がりによるものが大きく,オフサイドって何?というレベルの人々が,メッシのプレーが見たい,ロナウドかっこいいよね,イニエスタどんな人?という知識を元に,騒いで盛り上がるイベントでもあります.楽しく盛り上がれればそれで良いのです.だから,ロシアW杯サッカーを飲食店や各種会場で,観戦できるようなイベント,つまりぱパブリックビューイングをもっと企業や個人事業主が仕掛けるべきだと考えています.

 

 

しかし残念ながら,日本の多くの企業は生産性が低く,せっかくのイベントをビジネスに活かしきれない.これは日本企業に特に顕著で,セクション(部署)ごとに機能が分断されていることが理由であると昔から考えています.企画と広告とマーケティングと営業が相乗効果を発揮できず,売上拡大なりブランド周知なり最終的な目的に向けて戦略的な経済活動をすることができない.はい残念!

 

 

だから,根性営業や気合営業を社員に強要する割に,マーケティングの戦略は欠片もなく,W杯サッカーに向けて大型液晶テレビを売れと命令する家電量販店や,オーバースペックで高くて売れないテレビを製品化する企業,何千万~何十億円のスポンサー費用を払いながら,相乗効果を発揮できていない企業で溢れているわけです.ずる賢く儲ける広告代理店に,広告効果を考えられない頭の弱い広告主で溢れている.こんなんで生産性が上がるはずもありませんね.

 

 

日本企業は採用と広告とM&Aは費用対効果を検証しない(検証する気が無い?)ケースが多く,プロモーションは広告代理店の言いなりです.製造原価は細かく計算するくせに,広告費はじゃぶじゃぶ無駄遣いする.理解に苦しみます.

 

 

さて,広告主と日本経営の非効率さを批判したところでなんの付加価値も生まれませんので,サッカーワールドカップロシアをビジネスチャンスとして,経済効果を最大化するために企業は何をするべきか?について提案したいと思います.結論を簡単に言えば,各社が観戦プラン&パブリックビューイングを積極的に導入する,そしてそれを多角的に進めよというだけの話ですが,要点を簡潔に述べても想像力がないと伝わらないと思いますので,できるだけ丁寧に解説ましょう.

 

 

 

●拝啓キリン様 キリンシティ等の系列飲食店でW杯サッカーを観戦できる環境を構築し,観戦企画を提供してはどうか?

 

 

キリングループはワールドカップの最上位スポンサーであるオフィシャルパートナーとして少なくともうん億円のスポンサー費用を払っています.このスポンサー料を支払った対価として得られる価値を真剣に考えているのか? 疑問です.そもそも日本のビール市場はキリン&アサヒ&サッポロ&サントリーの寡占市場といっても差し支えなく,企業知名度抜群のキリンがサッカーW杯スポンサーになったからとって,ブランド価値が向上するわけでも,販売シェアが拡大するわけでもないでしょう.

 

 

キリンの国内市場における至上命題は,ライバル企業からのシェア奪還であり,C向け市場には同じく公式スポンサーのファミリーマートと組んで,W杯ロシアオリジナルデザインの缶ビールを提供するなり,球場や広場や商業施設を借り切って,ワールドカップ観戦ビアフェスなどを開催する(深夜時間帯だから厳しいか…)ことで,アサヒやサントリーから顧客を奪うことが有効であると考えます.

 

 

パブリックビューイング企画を立てるのは手間とカネと時間がかかりもう間に合わないので,取り急ぎはキリン系列の飲食店にプロジェクター等の観戦環境を導入して「キリンシティでW杯サッカー応援しよう」企画を速やかに立てると良いのではないでしょうか? キリンシティにいけばW杯サッカーが観戦できるとあれば,そのイメージは強力なアピールになりますし,これを機にスポーツ観戦はキリンシティへ!という戦略を採っても良いでしょう.個人経営の飲食店とは違い,複数店舗グループの宣伝を一挙にできるのだから,費用対効果も期待できると考えます.

 

 

 

●拝啓adidas様 サッカーW杯ロシア オフィシャルサプライヤーのアディダスは飲食店とコラボレーションしてはどうか?

 

 

アディダスにとってはNIKEやプーマ,アシックスに対し,ブランド価値を更に向上させて自社ブランドを選んで貰うことがスポンサーの目的でしょう.そして,ロシアW杯記念Tシャツ等のユニフォームやグッズを購入して貰うことが二次的な目的であると考えられます.サッカーW杯ロシアは事前の盛り上がりに欠け,前回大会のユニフォームを着て観戦するファンも多いとの情報もあります.

 

 

であるならば,HUBやスポーツバーなどの飲食店とコラボレーションして,ユニフォームをコラボした飲食店で売るのはいかがでしょうか?(もちろん先に提示したキリンと協力しても良い).例えば,W杯レプリカユニフォームを購入してくれたお客様には,当日飲み放題のチケットも併せて提供するとか,期間中毎回ワンドリンクサービスするといった特典をつけるのが良いでしょう.費用はアディダス持ちね!もしくは,地域のスポーツ教室などとコラボして少し金を払わせても良いでしょう.やり方はいろいろあります.

 

 

その他アディダスのW杯ロシア公認グッズを購入したお客様には,当日ドリンク一杯サービスといったプランも考えられます.もしくは,体育館や劇場,映画館をアディダスが借り切って,W杯ユニフォーム購入者を招待してもいい.せっかくW杯ロシアのスポンサーになったのですから,その機会を最大限に活用すべきであるのに,莫大なスポンサー費用を活用できているとは思えずもったいない話です.

 

ワールドカップサッカー観戦

 

 

●飲食店各位 W杯サッカーが観戦できる環境を構築しましょう!店内シアター環境を整える.

 

 

時差の関係で放送時間が遅いとはいえワールドカップサッカーは至極のコンテンツであり,飲食店にとってみれば,新規顧客を開拓する絶好の機会なわけです.うちの店でW杯ロシア観戦できますよ!と環境を整えて宣伝すれば良いのに,実施している店はほとんどない.不思議です.

 

 

そもそも,そういう発想もなければ,最低限のマーケティングやITのリテラシーに欠ける根本的な問題がありますので,仕方がない部分はありますが,だからこそ差別化ができる投資になりえます.ビールの値段を100円単位で下げて近隣店舗との価格競争をするよりも,他店では実施していないこととして,店内でサッカー観戦ができる環境を整えることで,ビールをたくさん売ればよい.日ごろ集客できていない顧客を開拓できるのです.

 

 

実は,先のピョンチャンオリンピック(2018年冬)の開幕前に何人かの飲食店経営の知人に話したり,コンサルティングとして提案したことがあります.店舗でのスポーツ観戦環境は差別化と集客の武器になると.リサーチ企業の数字を丁寧に拾って,導入価格と売上拡大見込金額を示し,リスク&リターンの観点からも非常に有効な投資になると説明しました.

 

 

例えば,モーニングとランチが主な収益源である喫茶店(17時までの営業で9割の売り上げを稼ぐ)が,夕方からはスポーツ観戦プランを提供することで新たな収益源を確立する.別にスポーツ観戦に限らず,大画面で観戦できる環境を店内に整えることは戦略的に活用できます.にわかファンにとっては,一人で観戦しても面白くないですし,健全な出会いの場として,スポーツ観戦コンパを開催するものありでしょう.

 

 

でも残念ながら,できない理由ややりたくない理由ばかり述べて,どれも導入には至りませんでした.根本的に私が営業が苦手で大嫌いということもありますが,どれだけ定量的かつ論理的に丁寧に説明しても,その数字が理解できない(理解する気がない)相手には時間が無駄だと考えて諦めてしまう.何度も同じことを説明するのが本当に苦手です.

 

 

飲食店におけるスポーツ観戦のパブリックビューイング環境の構築はとても簡単です.

①店内のWiFi環境(ネット環境)の構築

②プロジェクターの購入

③ネット中継に繋ぐための「Amazon Fire Stick」の購入

④ブルーレイレコーダー(チューナー)の購入(今回のW杯ロシアサッカーであればテレビ中継なので)

準備するのはこれだけです.

 

 

これらの機器を適切に繋げば,W杯サッカー生中継を大画面で観戦できる環境が構築できます.プロジェクターのスペックにもよりますが約10万円の投資額で店内観戦環境が整う.冬の五輪前に提案したのは単純にタイミングの問題であり,ロシアW杯サッカーも控え,毎年のプロ野球,Jリーグといった定期コンテンツ,そして東京五輪に向けて,スポーツ観戦ができる環境を整えることはかなりの確率で投資回収が見込めますし,売り上げ拡大のキラーコンテンツになりえます.映画やアニメを上映する企画を立てたって良い.頭を使えって話です.

 

飲食店サッカー観戦

 

 

●家電量販店はプロジェクターとブルーレイレコーダー(チューナー)を売り行こう!

 

 

マンパワーの不足と,構築は(できれば)やりたくない,提案稼働がかかる割に利益率が低い,等の理由で,弊社で一から飲食店を開拓するのは難しいなと諦めたのですが,この「飲食店でのスポーツ観戦環境」を構築するのに最適なプレーヤーがいます.家電量販店のみなさんです.店舗で来店するお客様に突っ立って待ち接客しているくらいなら,地域の飲食店を開拓せよって話ですよ.平日の家電量販点は,店員のほとんどが暇そうにしているわけで,労働がほとんど収益拡大に寄与していない.

 

 

であるならば,エプソンでもパナソニックでもソニーでも良いのですが,製品元メーカーと協力して,ヨド〇シおすすめのシアタープランや,ヤ〇ダ電気の店舗丸ごとパブリックビューイング構築セットと銘打って,売りに行けば良いのではないでしょうか? なんなら存在意義が問われ仕事がほとんどない近隣の地方銀行も巻き込んで,融資と組み合わせたプランで凄い立派なパブリックビューイング・システムを提案しても良いわけです.

 

 

個人的には数十人規模の飲食店であれば,10万円程度で構築できる店舗スポーツ観戦環境で十分だと思いますが,圧倒的に高機能な仕様を導入することでPRすることもできます.まぁこの辺りは頭の使いどころと投資対効果をどうそろばんをはじくかの問題なわけで,プル戦略で待ちの販売をしたり,プッシュ戦略でゴミのような商品やサービスを売る経営をしていないで,顧客に付加価値を提供する仕事をしなよって話ですね.

 

 

弊社ではお客様環境に合わせた最適なスポーツ観戦環境の構築だけでなく,マーケティングや宣伝といった戦略的なコンサルティングをリーズナブルに御提案させていただきますので,ご用命賜りたくお待ちしております.

 

メモ: * は入力必須項目です

 

 

◆日本の絶望的な生産性は労働に想像力を働かせない点では?

 

下線強調

 

◆2018 サッカーワールドカップロシア放送予定

 

グループリーグ
 
■6月14日(木)
24:00 ロシア vs サウジアラビア(NHK/NHK BS1)
 
■6月15日(金)
21:00 エジプト vs ウルグアイ(フジテレビ/NHK BS1)
24:00 モロッコ vs イラン(NHK/NHK BS1)
27:00 ポルトガル vs スペイン(NHK/NHK BS1)
 
■6月16日(土)
19:00 フランス vs オーストラリア(NHK/NHK BS1)
22:00 アルゼンチン vs アイスランド(NHK/NHK BS1)
25:00 ペルー vs デンマーク(フジテレビ/NHK BS1)
28:00 クロアチア vs ナイジェリア(日本テレビ/NHK BS1)
 
■6月17日(日)
21:00 コスタリカ vs セルビア(フジテレビ/NHK BS1)
24:00 ドイツ vs メキシコ(NHK/NHK BS1)
27:00 ブラジル vs スイス(NHK/NHK BS1)
 
■6月18日(月)
21:00 スウェーデン vs 韓国(NHK/NHK BS1)
24:00 ベルギー vs パナマ(フジテレビ/NHK BS1)
27:00 チュニジア vs イングランド(NHK/NHK BS1)
 
■6月19日(火)
21:00 コロンビア vs 日本(NHK/NHK BS1)
24:00 ポーランド vs セネガル(NHK/NHK BS1)
27:00 ロシア vs エジプト(日本テレビ/NHK BS1)
 
■6月20日(水)
21:00 ポルトガル vs モロッコ(テレビ朝日/NHK BS1)
24:00 ウルグアイ vs サウジアラビア(NHK/NHK BS1)
27:00 イラン vs スペイン(日本テレビ/NHK BS1)
 
■6月21日(木)
21:00 デンマーク vs オーストラリア(フジテレビ/NHK BS1)
24:00 フランス vs ペルー(NHK/NHK BS1)
27:00 アルゼンチン vs クロアチア(日本テレビ/NHK BS1)
 
■6月22日(金)
21:00 ブラジル vs コスタリカ(テレビ朝日/NHK BS1)
24:00 ナイジェリア vs アイスランド(NHK/NHK BS1)
27:00 セルビア vs スイス(NHK/NHK BS1)
 
■6月23日(土)
21:00 ベルギー vs チュニジア(フジテレビ/NHK BS1)
24:00 韓国 vs メキシコ(テレビ朝日/NHK BS1)
27:00 ドイツ vs スウェーデン(TBS/NHK BS1)
 
■6月24日(日)
21:00 イングランド vs パナマ(NHK/NHK BS1)
24:00 日本 vs セネガル(日本テレビ/NHK BS1)
27:00 ポーランド vs コロンビア(TBS/NHK BS1)
 
■6月25日(月)
23:00 ウルグアイ vs ロシア(TBS/NHK BS1)
23:00 サウジアラビア vs エジプト(NHK/NHK BS1)
27:00 イラン vs ポルトガル(NHK/NHK BS1)
27:00 スペイン vs モロッコ(日本テレビ/NHK BS1)
 
■6月26日(火)
23:00 デンマーク vs フランス(テレビ朝日/NHK BS1)
23:00 オーストラリア vs ペルー(NHK/NHK BS1)
27:00 ナイジェリア vs アルゼンチン(NHK/NHK BS1)
27:00 アイスランド vs クロアチア(日本テレビ/NHK BS1)
 
■6月27日(水)
23:00 メキシコ vs スウェーデン(TBS/NHK BS1)
23:00 韓国 vs ドイツ(NHK/NHK BS1)
27:00 セルビア vs ブラジル(NHK/NHK BS1)
27:00 スイス vs コスタリカ(フジテレビ/NHK BS1)
 
■6月28日(木)
23:00 日本 vs ポーランド(フジテレビ/NHK BS1)
23:00 セネガル vs コロンビア(NHK/NHK BS1)
27:00 パナマ vs チュニジア(日本テレビ/NHK BS1)
27:00 イングランド vs ベルギー(NHK/NHK BS1)
 
決勝トーナメント1回戦
 
■6月30日(土)
23:00 C組1位 vs D組2位(TBS/NHK BS1)
27:00 A組1位 vs B組2位(NHK/NHK BS1)
 
■7月1日(日)
23:00 B組1位 vs A組2位(TBS/NHK BS1)
27:00 D組1位 vs C組2位(テレビ朝日/NHK BS1)
 
■7月2日(月)
23:00 E組1位 vs F組2位(NHK/NHK BS1)
27:00 G組1位 vs H組2位(NHK/NHK BS1)
 
■7月3日(火)
23:00 F組1位 vs E組2位(テレビ朝日/NHK BS1)
27:00 H組1位 vs G組2位(NHK/NHK BS1)
 
準々決勝
 
■7月6日(金)
23:00 未定 vs 未定(TBS/NHK BS1)
27:00 未定 vs 未定(TBS/NHK BS1)
 
■7月7日(土)
23:00 未定 vs 未定(NHK/NHK BS1)
27:00 未定 vs 未定(NHK/NHK BS1)
 
準決勝
 
■7月10日(火)
27:00 未定 vs 未定(テレビ朝日/NHK BS1)
 
■7月11日(水)
27:00 未定 vs 未定(NHK/NHK BS1)
 
3位決定戦
 
■7月14日(土)
23:00 未定 vs 未定(テレビ朝日/NHK BS1)
 
決勝
 
■7月15日(日)
24:00 未定 vs 未定(NHK/NHK BS1)