★おすすめ国産液晶テレビ「東芝 REGZA 75M540X」75インチテレビが25万円以下★

 

◆日本企業が生産するテレビが欲しいなら「東芝 REGZA 65M540X」はコスパ上々でオススメである◆

 

私は 基本的に 白物家電以外で国産家電製品を購入することはない。

 

パソコンやスマートフォン等のIT電子機器だけでなく、家電の王様「テレビ」も国産製品は選択肢にも入らない。

 

なぜならば韓国企業製品や中国企業製品にコスパで圧倒的に後れをとっているから。日本企業製品はコストパフォーマンスが悪いのだ。

 

だから自分が国産液晶テレビを購入する機会はない。永遠に来ないだろう。

 

さて、実家が新しくテレビを買い替えるという。買い物に付き合ってくれと言われた。

 

「Amazonで購入したら?」TCLかLGの大きくて安いテレビを注文してあげるよ?

 

と申し出た。すると、そんなメーカーは知らん。中華製品や韓国製品は好かん。国産テレビが欲しいと言う。

 

私は頭の中で馬鹿馬鹿しいと思ったけれども、相手を無理に説得するようなことはしない。

 

自分はコスパを最重視するけれども、家電製品なんて好きなものを買えば良いし、嫌いな国の製品を使いたくないという親の心理にケチをつけるつもりもない。気持ちよく長く使い続けられる製品を選ぶのが本人にとって正解だ。

 

「わかった、家電量販店に付き合うよ」

 

3年ぶりくらいに訪れた家電量販店はコロナの影響もあり空いていた。大型テレビが壁一面に並べられている光景が懐かしい。結構好きだ。

 

親の希望としては、予算30万円以内。50インチサイズ以上(現在の50インチよりも大きいテレビが欲しい)とのことであった。

 

家電販売店に来る前に価格ドットコムとAMAZONで東芝、SONY、三菱、シャープ、パナソニックのテレビを比較してから販売店にきたが、店頭にはデカいテレビが輝いていた「東芝 REGZA 75M540X」税込&送料込&設置費込で「249,800円」

 

東芝のREGZA頑張ってるじゃん。実家テレビの経歴は東芝(ブラウン管)→シャープ(液晶32型)→シャープ(液晶50型)であった。シャープの亀山モデルというシールを剥がさずに使っていた。

 

東芝70型テレビの隣にシャープ65型テレビが5万円安く陳列されている。シャープはどうかな?と親父がいう。

 

大きいサイズのテレビが良い。東芝REGZAなら品質に問題はないだろう。評判も上々。ちなみにシャープは台湾企業の傘下に入っており、亀山工場は液晶テレビの生産停止してるよ。と教えたあげた。

(東芝が中国ハイセンス傘下なのは黙っておいた。説明すると話が長くなる。)

 

と伝えたところ「東芝 REGZA 75M540X」を即決。予算以内の約25万円で65インチの液晶テレビが購入できて、ポイントもついてご満悦だった。

 

 

●「東芝 REGZA 75M540X」の良い点

  • デザイン(ベゼル幅が狭い)
  • 薄い(壁掛けしやすそう)
  • リモコンがシンプル(YOUTUBE、AmazonPrime等のボタンがわかりやすく配置)
  • 日本企業製品にしてはコストパフォーマンスに優れる

 

自分だったらTCLかLGを買うだろうが、そんなに悪くない買い物であったと思う。

 

それでもWEBサイトの魅せ方とか売り方とかの酷さを見ると日本企業の没落は製品品質や価格だけではなくマーケティングの失敗にあるのだと確信を持った。

 

一方で洗濯機やエアコン、冷蔵庫といった白物家電は国産の品質とコスパに優れる。

 

日本企業の家電は海外では壊滅的に売れないが、日本国内マーケット(内需)を抱え、無知な富裕層が分厚いため、中性能中価格の製品を出し続ければ生き延びられる。悪くない選択であるのかもしれない。

 

 

東芝 75V型 地上・BS・110度CSデジタル4Kチューナー内蔵 液晶テレビ(別売USB HDD録画対応)REGZA M540Xシリーズ 75M540X

 

●参考(過去記事)

★“おすすめ格安テレビ”TCL-4K-TVがコスパ最強 10万円以下で大型テレビを買う!日本製品に競争力なし★

★アイリスオーヤマの液晶テレビは魅力がなく残念な製品 日本企業の絶望的に低い黒物家電の競争力★