★宮古島マンゴーが安くて美味い!マンゴーを直売所で現地購入しよう★

 

◆沖縄マンゴーの本場は宮古島にあり | 宮古島の格安で最高に美味しいマンゴーのレポート | 高くて美味いは当たり前 安くて美味しい宮古島産マンゴーを直売所で手に入れよう | 宮古島マンゴーの直売所と現地での購入方法◆

 

宮古島マンゴー

 

どの果物が好きですか? 苺や桃やメロンなど人それぞれに好きなフルーツがあるかと思いますが,一番好きなフルーツは何?と問われれば,間髪入れずに「マンゴー」と答えます.あの妖艶な香りとツヤ,そして上品で濃厚な甘さとコク.マンゴーには脳に直接訴えかけるような魅惑があります.官能的な美味さと申しましょうか.そのマンゴーの旬がそろそろ訪れます.国産マンゴーは6月下旬~8月上旬にかけて収穫の最盛期を迎え,まさに太陽と夏が育むフルーツと言えるでしょう. 

 

そんなとろけるように美味しいマンゴーですが,悩ましいのはその価格.マンゴーは高級フルーツの代表格と言っても差支えなく,最高級の宮崎産「太陽のたまご」などは1玉で5,000円以上もします.バナナと同じくらいの値段であれば毎日でも食べたいのに(^_^;).そんなわがままな願いを叶える場所が初夏の宮古島にあるとしたら耳寄りな情報ではないでしょうか? そこで,今回は宮古島マンゴーの現地購入について,直売所の情報について綴るとともに,その豊富なマンゴーの品種についても紹介します. 

 



 

●「宮古島マンゴー」最新情報.2018年のマンゴーは豊作&リーズナブル(2018年7月追記)

 

 

2018年7月13日から3連休を組み合わせて,宮古島に旅行とマンゴーの買い付けに行ってきました.台風8号の影響が心配された(7月11日宮古空港閉鎖)ものの,マンゴーの被害はまったくなかったようで,春先に懸念された低温による生育の心配も軽微であり,2018年の宮古島マンゴーは豊作&価格もお得に提供されています.販売の最盛期は7月中旬~8月上旬で,8月後半になると販売量が落ち込み,需給の影響(供給が減る)により,価格も落ち込みますので,お盆シーズンまでに宮古島への旅行&マンゴー三昧をいかがでしょうか?

 

500グラムを超えるマンゴーが約1000円! 毎日&直売所毎に値段が変動します.

 

↑通販ならお得な沖縄の八百屋さんがおすすめ

 

 

1.なぜマンゴーは高いのか? マンゴーの原価と中間マージン分析によるマンゴー価格分析

 

 

百貨店や千疋屋などのフルーツショップに行くと,アップルマンゴーが綺麗に飾られています.その扱われ方はまさに果物の女王様といっても過言ではないでしょう.そしてその値段を見ると気軽に購入できるのはセレブな方々だけでは? とため息が漏れてしまいます.これでは特別な日以外に食べることなどできませんね.しかし,実際にマンゴーは原価もこれほどまでに高いのでしょうか? 

 

店頭に並ぶまでには農協や卸や流通が関係します.それに,マンゴーは傷つき易いため包装が過剰かつ丁寧にされています.ブランドイメージのためでもあるでしょう.また,収穫から熟成の期間に余裕がないため,迅速に配送せねばなりません.つまりは航空便ですね.とすると,中間マージンが非常に高くかかっているのは理解いただけるでしょう. 

 

その疑問を解決するために宮古島に行きました! それは冗談ですが,初めて宮古島に行った際に運良く「宮古島マンゴーまつり」が開催されていたのです.このイベントはマンゴーだけでなく,ドラゴンフルーツやパッションフルーツ等の南国フルーツが試食できて,購入することが可能です.そこで食べたマンゴーの甘さと美味しさといったら叫びたくなるほどでした.そして私は知ったのです.「マンゴーがこんなにリーズナブルなんて」と.マンゴーは現地で購入するに限ると確信した次第です. 

 

宮古島マンゴー直売所

 

300g程度のマンゴーが3つ入って800円.500gを超える大ぶりなマンゴーも900円.少し黒ずんでいたり色が鮮やかではないものが含まれておりますが,味は決して引けをとりません.どうしてこんなに安いのか? 祭りに出店していたマンゴー農家の方に聞いてみました.すると,大きい品,形の良い品は良い値がつき売れていくが,少しでも傷があったり形が悪いもの,色がくすんで見栄えが悪いものは販売し辛いとのことでした.つまり百貨店やフルーツショップでは,美しくて立派なマンゴーでなければ店頭に並べません.それは贈答用の商品もまたしかりでしょう. 

 

だから宮古島内で観光客へのお土産用として,また島内のホテルや飲食店のデザートとして,島民のお茶の間の果物として格安のマンゴーが流通します.数は多くないものの,綺麗な大玉のマンゴーも販売されており,値段の比較は感覚的になりますが「現地産地直売所:現地大手スーパー:百貨店」は「1:1.5:3」くらいに感じます.つまりは東京や大阪等の都市で購入する3分の1程度の価格で購入が可能となります.この値段であれば「毎日マンゴー三昧」というのも夢ではありません. 

 

 

 

2.マンゴー生産量日本一は宮古島! 沖縄マンゴーの本場は宮古島にあり

 

 

日本のマンゴーは一般的に宮崎県が有名ですが,実はマンゴーの生産量国内1位は沖縄県です.市町村別では宮古島が日本一の生産量を誇っています.マスコミで宣伝された情報ばかりインプットされて,高い宮崎県産マンゴーを有りがたがる日本の無知な消費者.それはさておき,亜熱帯の太陽の恵みを受けた宮古島産のマンゴーは糖度も風味も格別.宮崎県産にひけをとらず,コストパフォーマンスも最高です.完熟した濃厚な甘さと独特な芳醇の南国の香りはたまりません.

 

ちなみに沖縄協同青果によると2017年のマンゴー平均キロ単価は1710円.この近年は2000円~3000円/キロが平均単価であり,現地購入の目安値としてこの価格で購入できるとイメージいただければ,どれだけリーズナブルであるのかわかっていただけるのではないでしょうか? 

 

 

3.宮古島マンゴーを現地購入するならどこ? 宮古島おすすめのマンゴー直売所

 

マンゴー現地購入

 

安く美味しいマンゴーを購入できるおすすめショップは上の地図で★マーキングした5店舗になります(クリックでGoogleMapを起動して経路案内可能です).「島の駅みやこ」「宮古島の台所!ワイドー市場」「ファーマーズマーケットみやこ あたらす市場」「クマザ農園」「へんとな農園」後はAコープでも販売しています.その日の仕入れにより異なりますので,どの店が一番とは決められませんが,いずれの店でも格安のマンゴーが販売されておりますので,初夏に宮古島を旅行する際には欠かさずに訪れることをおすすめします! 宮古島ではアップルマンゴーだけでなく貴重なキーツマンゴーも購入可能ですので,是非お試しいただければと思います. 

 

 

例年7月上旬の日曜日に「宮古島市熱帯植物園」にて宮古島マンゴー祭りが開催されます(宣伝と広告が下手で知名度はないが素晴らしいお祭り).宮古島産完熟マンゴーやドラゴンフルーツ、パッションフルーツ、パイン等試食や,現地販売が行われます.年によって変わりますが,「宮古牛まつり」と同時開催されて,楽しみがいっぱいの素晴らしいイベントであるとともに,梅雨明け~海の日までの沖縄は最高の季節(海の日以降は旅費が値上がりする)ですので,是非宮古島にお越し下さい.

 

 

4.マンゴーに種類があるって知ってた? マンゴーの豆知識

 

 

●「アップルマンゴー」ルビーのように鮮やかな赤と官能的な甘み 

 

 「アップルマンゴー」はアーウィン種の俗称で日本で最もポピュラーなマンゴーとして知られています.真っ赤な果皮色は美しく熟すとツヤが出てきます.皮は薄くて肉質が柔らかく,ほとんど繊維がありません.フロリダで誕生し日本へは台湾より導入されました.果実重は約300~500gで収穫時期は6月&7月が最盛期.トロピカルで芳醇な甘い香りとジューシーでとろけるような味わいはマンゴーの中でもトップクラスと言えるでしょう.宮崎県産のブランドマンゴー「太陽のタマゴ」をはじめ,沖縄でも高品質なマンゴーが栽培されています. 

 

宮古島のアップルマンゴー

 

●「キーツマンゴー」巨大なのに甘い幻のマンゴー

 

「キーツマンゴー」は果皮が緑色の品種で果実重が約500~1300gもある特大マンゴーです.Wikipediaには「買い手が少なく流通量は少ない」などと記されていますが,とんでもありません.糖度ではアップルマンゴー以上の品も少なくありません.その最大の特徴は大きさであり「1kgのマンゴー」はまさに圧巻.個性的な香りと甘さは癖になる美味さで,「幻のマンゴー」とも呼ばれています.果肉は黄~橙黄色で収穫時期は8月&9月がメイン.成熟期になっても自然落下しないため収穫や食べごろのタイミングの見極めが難しい上級者向けのマンゴーと言えるでしょう.なお「レッドキーツ」というさらにレアな品種のマンゴーもあり,その濃厚さは自然が生み出すものとは思えぬほどの美味さです

 

宮古島のキーツマンゴー

 

●「レッドキーツマンゴー」幻のでっかいマンゴー

 

赤くて丸くて大きい幻のマンゴーです.大きい果実はキーツマンゴーに似ていることからレッドキーツと名が付けられたようです.収穫はアーウィン種よりもやや遅く8月からが最盛期.果実の重量が1kg以上に育ち,2kgという巨大なものに育つものもあり,小玉スイカサイズのマンゴーは圧巻です.長卵形で果皮は赤色,果肉はオレンジ色.他のマンゴーに比べて繊維質が少ないため、とろけるような優しい舌触りと甘さを堪能できます.

 

宮古島のレッドキーツマンゴー

 

●「リーズナブルなマンゴー」カラバオ種 ナンドクマイ種

 

国産マンゴーは以上ですが,リーズナブルにマンゴーを楽しみたい方向けに補足です.主にフィリピン産がカラバオ種,タイ産がナンドクマイ種であり,外観が黄色い小ぶりのマンゴーです.タイ産のマンゴーは別名「ゴールデンマンゴー」や「ロイヤルマンゴー」とネーミングされ,アーウィン種やキーツ種に比べて比較的リーズナブルでありながら,繊維質が少なく滑らかな舌触りと濃厚な甘味が楽しめるため,お手軽なマンゴーとして人気です.日本では作られていないので,店頭に並んでいるものはすべて外国産となります.

 

 

●おすすめのマンゴー通販