★沖縄から荷物を格安で送る方法(メルカリ&PAYPAYを活用した裏技の紹介)★

沖縄宅急便

 

◆結論(趣旨):メルカリやPAYPAYフリマを活用すると格安で沖縄から荷物を送ることができる(格安で沖縄へ荷物を送ることができる)

 

  •  「沖縄へ荷物を送る」「沖縄から荷物を送る」

沖縄トラベラーにとって宅配便(宅急便)の料金の高さは頭の痛い問題です。毎年沖縄離島を旅行する際に、シュノーケルの道具やら衣服で往路のスーツケースがパンパンになります。復路はその荷物もしくは沖縄土産を航空便で送付することになるため、宅配料金が発生します。

 

この沖縄から本州への宅配料金がとにかく高い。これをお得に節約できないかとリサーチ&トライしてみたところ、沖縄から格安で荷物を送る裏技を発見しましたので綴ります。ゴミのような検索結果が表示される中、本ページに辿り着いた皆様おめでとうございます(笑)。なお、最低限のITリテラシーがない方には使えない方法であることを先にお断りしておきます。

 

 

●現状分析:沖縄から荷物を送る際は「宅急便(ヤマト運輸)」よりも「ゆうパック(日本郵便)」の方が料金が安い

 

  • 「宅急便運賃(ヤマト運輸)」
  • 沖縄⇔東京:2,490円(100サイズ送料)
  • 沖縄⇔東京:3,040円(120サイズ送料)
  • 沖縄⇔東京:3,610円(140サイズ送料)
沖縄宅急便送料
  • ゆうパック基本運賃(日本郵便)
  • 沖縄⇔東京:1,900円(100サイズ送料)
  • 沖縄⇔東京:2,170円(120サイズ送料)
  • 沖縄⇔東京:2,440円(140サイズ送料)
沖縄ゆうパック送料

 

個人的には利便性の観点からヤマトの宅急便が好きです。なぜならコンビニ(セブンイレブン/ファミリーマートetc.)から荷物が送れるから。それでも140サイズのスーツケースを沖縄から送るのに3600円もの高額な送料を支払うのは抵抗がある。だから宅急便よりも1000円ちょっと安いゆうパックを利用して送っていました。

 

なんとか沖縄からの荷物を安く送れないものか? 沖縄への飛行機でぼんやりと考えていたときに閃きました。メルカリを活用すれば良いのではないか? 早速機内WiFiサービスに接続して調べました。ビンゴ! 半額以下で沖縄から荷物が送れます。

 

 

●提案:メルカリ(もしくはPAYPAYフリマ)を活用して沖縄から格安で荷物を送る方法

  • メルカリ送料(ヤマト運輸らくらくメルカリ便)
  • 沖縄⇔東京:1,000円(100サイズ送料)
  • 沖縄⇔東京:1,100円(120サイズ送料)
  • 沖縄⇔東京:1,300円(140サイズ送料)
らくらくメルカリ便

 

PAYPAYフリマの「ヤフネコ!パック」や「ゆうパック(おてがる版)」でも同様の料金で利用が可能です。「ゆうパック(おてがる版)」の全サイズ25KGまで同一料金という格安価格設定です。重量荷物を送るのに本当に重宝します。

 

→ヤフネコ!パック

→ゆうパック(おてがる版)

 

送付の方法は、自分が出品者になる。そして意中の相手に落札して貰う。

※落札者(購入者)は事前にメルカリのマイページから「個人情報設定」→「発送元・お届け先住所」に「新しい住所」(目的地)を設定する際に工夫をすると自宅住所に送れます。グレーゾーンですのでここで詳細は記しません。

 

注意点としては、メルカリは販売額の10%が手数料で差し引かれますので、出品価格を「メルカリ送料÷0.9」に設定する必要があります。1,000円(100サイズ)の荷物を送るのであれば1112円以上、1,300円(140サイズ)を送るのであれば1445円以上に設定します。送料×1.1ではない点に注意です。

 

難しいかもしれませんので、中学校数学の計算が出来ない方(メルカリユーザのおそらく7割以上)は「送料×1.2」を出品価格とすると覚えていただければ間違いありません。100サイズを送るのであれば1200円(1000円×1.2)の出品価格にする。140サイズを送るのであれば1560円の出品価格にする(1300円×1.2)。

 

宅急便140サイズ(中型スーツケースに該当)の送料3610円がメルカリで1560円になります。2000円以上安い!!!

 

なおご承知の通り、株式会社メルカリと株式会社メルペイはフリマアプリ「メルカリ」のメルペイ残高を送ったり受け取ったりすることができる「おくる・もらう」機能を2020年7月13日より実装しています。

 

→メルカリ・メルペイ、家族や友人にメルペイ残高・ポイントを送ることができる「おくる・もらう」機能の提供を開始

 

これを活用して事前に落札者(郵送先)にメルペイ残高を送ってチャージしておけばお金のやり取りも発生しません。超・超・超・超便利(^o^)/

 

メルカリ同様にPAYPAYフリマでもこのテクニックが活用できます。全国一律送料というサービスの利便性を高める取り組みの結果、遠距離であればあるほどにメルカリ送料が安くなる。バグです。現時点では禁止されている行為には該当しないため紹介させていただきました。

 

もちろんこれはメルカリもヤマト運輸も頭を悩ませている問題です。それに気づく人間と活用できる人間は少ないので目をつぶっているのでしょう。この裏技が広がればサービス改悪されてしまうかもしれませんが、コスパハンターとして目の前にある節約術は積極的に活用していただければと思い紹介させていただきました。皆様の健闘を祈ります。