★「宮古島旅行」日本一綺麗な海を見に行こう!「宮古島のおすすめ」★

 

◆日本一綺麗な海は宮古島にあり | 沖縄ベストシーズン初夏の宮古島へ行こう | 日本一のビーチリゾート&バカンスを味わうなら宮古島がオススメ◆

 


Post from RICOH THETA. #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA


 

宮古島が大好きです.ここに断言しましょう.日本のビーチリゾートナンバーワンは宮古島であると.2017年のゴールデンウィークも,宮古島旅行をして来ました.外国人観光客による混雑を危惧していましたが,のんびりまったりとした時間を過ごすことが出来て,相変わらずのパラダイスでした.

 

東洋一美しいと名高い与那覇前浜を筆頭に,宮古島の魅力は語り尽くせぬほど溢れています.しかし,石垣島に比べて観光客数は半分以下に留まり(混雑していないのが宮古島の素晴らしい点),もう少し多くの人に宮古島の素晴らしさを知っていただきたく,Tripのコンテンツ第一弾として「宮古島のオススメ」を綴ります.

 

なお,代表は沖縄本島には通算20回程度,石垣島&竹富島に5回,宮古島に8回と,お金と時間とタイミングさえあれば,沖縄旅行に出かけています.そしてこの数年…というか宮古島に初訪問してからは,もっぱら宮古島ばかりを訪れています.なぜなら日本最高のビーチリゾートは宮古島であり,宮古島以上に素敵なバカンスを過ごせるリゾートは日本にはない.との結論に至ったからです.

 

新空港が開港し,東京や大阪からの直行便が就航して活気に沸く石垣島を尻目に,島田紳助が引退してからは話題に乏しい宮古島ではありますが,ポテンシャルと環境は「沖縄離島で一番」の宮古島の魅力を見ていきましょう.なお,マンゴー好きは以下の記事もどうぞ!

 

★宮古島マンゴーが安くて美味い!マンゴーを直売所で現地購入しよう★

 

宮古島ダイビング

 

1.宮古島のおすすめスポット「ビーチ・シュノーケル・ダイビング」

 

 

宮古島のビーチの美しさは日本屈指です.ゴミだらけのセブ島や東南アジアのビーチリゾートよりもずっと綺麗.それでも「石垣島の川平湾」や「竹富島のコンドイビーチ」「波照間島のニシ浜ビーチ」と比べて優劣がつくとは考えていません.すべて息をの呑むように美しいビーチです.また,宮古島は店の絶対数や競争が少ないないため,飲食店のレベルや選択肢は那覇や石垣島には及びません.

 

でも石垣島に比べてリゾート開発されていない田舎の環境が心をくすぐるのです.おそらく,沖縄離島が好きな方はそれぞれに「ベストリゾート」を持っていることでしょう.ニーズや価値観は人それぞれです.だから竹富島の方がもっと素敵だよ?といったご意見を否定することではないことを先にお断りして,宮古島の魅力を全力でお伝えいたします!

 

宮古島の一番の魅力は世界でもトップクラスに綺麗な海.その美しい海がピークシーズンでも対して混雑していないというのは,驚くほかありません.2018年の開業を目指してホテルを中心とした再開発が進み,客船の入港も開始されましたので,この豊かな自然とのんびりとした時間がいつまで続くかはわかりませんが,この奇跡のように美しい海を満喫していただければと思います.

 

 

宮古島は絶景の美しいビーチがいくつもありますが,宮古島のヘビービジターとしては,次の4つのビーチをオススメします.泳ぐ&散策なら「前浜ビーチ」.シュノーケル&マリンアクティビティなら「シギラビーチ」,日本一のシュノーケル&ダイビングスポットの「八重干潟」,自然が生み出した奇跡の絶景「砂山ビーチ」です.

 

新城海岸や吉野海岸といった人気のビーチや,伊良部島や来間島,池間島の穴場のビーチももちろん美しく,シュノーケルなどは楽しめますが,シギラビーチには及ばないという結論に達しましたので,3泊4日程度の旅行であれば,この4つの観光スポットを押さえておけば間違いないと言えるでしょう.

 

 

1-①「前浜ビーチ」宮古島が誇る日本一綺麗なビーチを満喫

 

宮古島の日本一綺麗な海「前浜ビーチ」

 

「前浜ビーチ」は東洋一美しいと称される宮古島の南西の端にある全7 kmに及ぶ白砂の海岸です.対面には来間島が位置しており,砂浜の南東端には来間島とを結ぶ来間大橋が架かっています.「日本のベストビーチ トップ10」で2013年~2015年まで3年連続で第1位を獲得した最高に美しいビーチであります.もう息を呑むほどに美しい.この海で泳ぐために毎年宮古島を訪れているといっても過言ではありません.前浜ビーチの楽しみ方としては「散歩する」「泳ぐ」「アクティビティ」の3つを提案します.

 

  • 前浜ビーチで散歩 幻想的なほどに美しい夕日を望む

宮古島には高い山がないため,西側ではどこでもきれいな夕日を見ることができます.その中でも前浜ビーチから眺める夕日は息を呑むほどに美しいです.朝一の誰もいない前浜ビーチを散策するのもおすすめですが,是非夕焼け時に訪れてみてください.日頃のストレスが一掃されること間違いなしです.

 

  • 前浜ビーチで泳ぐ

クラゲ防止ネットが設置され,シャワーとトイレが完備されているため,泳ぐのに最高の環境です.綺麗な魚やサンゴを見たいというのではなく,純粋に泳ぐのが好きな方にこそおすすめしたい.私は週に1度,市営プールで泳いでいますが,綺麗な海で泳ぐことの楽しさはプールのそれとは比較になりません.観光旅行中は,運動不足かつ,美味しいものをいっぱい食べて太りがちですので,日本一綺麗な海で遊泳に没頭してみてはいかがでしょうか?

 

  • 前浜ビーチでアクティビティ

与那覇前浜の中心には,宮古島屈指のリゾートホテルである「宮古島東急リゾート」が君臨しています.それなりの宿泊料金がしますので,泊まることは難しいかもしれませんが,宿泊客以外でも楽しめるアクティビティが多数用意されています.サンセットクルージングやマリンジェット,ウエイクボード,水上スキーなど,様々なメニューが提供されており,一流リゾートホテルのアクティビティは満足度もピカイチです.

 

 

なお,前浜ビーチは砂浜延長が7kmと長く,いくつかのアクセス方法があります.宿泊客でなくても散歩やもちろん飲食店の活用も可能ですので,東急リゾートと公共ビーチの両方に行ってみることをおすすめします.

 

 

1-②「八重干瀬」日本一の大サンゴ礁でダイビング&シュノーケル

 

日本一のサンゴ礁「八重干潟」

 

綺麗なビーチは沖縄離島には珍しくありませんが,宮古島にしかない唯一無二の観光資源として「八重干瀬」(ヤビジ)があります.八重干瀬とは宮古島の北に広がる広大なサンゴ礁群で,名勝及び天然記念物としても指定されており,その絶対的な透明度と美しさはダイバーの憧れのスポットとしても有名です.普段は海面下にありますが,大潮には海面上に干出するため「幻の大陸」とも呼ばれており,神秘の光景として人気の観光地となっています.

 

「八重干瀬」は日本一とも言われる最高のダイビング&スノーケルスポットではありますが,島から5キロ以上離れているため,個人では行くことができず,ツアーに参加しなくてはなりません.これまでに3回ツアーで八重干潟に行きましたが,いつ見てもその美しさに心が震えます.

 

「海ってここまで美しいのか」とその透明度とサンゴとお魚さんたちに感動すること間違いなしですので,宮古島旅行で欠かせないポイントであると言えます.毎回ウミガメにも出会えて,シュノーケルはもちろんのこと,宮古島でダイビングするなら圧倒的に八重干潟がオススメであり,外せないスポットであると断言しましょう.

 

八重干瀬へはいくつもの業者や代理店からツアーが提供されていますが,出発地点とスケジュールをツアー選択のポイントとして気をつけてください.平良港から出発するものと池間島から出発するものがあり,前者は八重干潟までクルーザーで1時間弱かかりますので,船酔いが苦手な方は要注意です(どちらにしても酔い止めは必須であり,飲んでおくことを強くおすすめします).

 

また,一日プランと半日プランがあり,半日プランは午前9時前後発で13時過ぎには港に戻って来れて密な時間を過ごせますが,一日プランは船の上で(イマイチな)お弁当を食する時間があったり,途中の潜れない無駄な時間が長かったりして,戻りは16時前後となるプランがほとんどです.そのため,池間島発半日プランが一番満足度が高かったです.おすすめプランを↓に紹介しますので,参考にしてください.

 

 

1-③「シギラビーチ」宮古島で一番オススメなシュノーケルスポット

 

宮古島のおすすめ「シギラビーチ」

 

宮古島は美しく魅力的なビーチが多くて,客が分散しているのも嬉しいポイントですが,その中でもどうしてこんなに綺麗で最高のビーチが空いているのだろう?と驚くのがシギラビーチです.宮古島シギラリゾート(南西楽園)が運営するビーチとなっていますが,シギラの宿泊客以外も無料で利用することができ,デッキチェアーセットや,マリンレジャーに必要な道具(スノーケルセットなど)のレンタルも行っている非常に使い勝手の良いビーチとなっています. 

 

知名度は新城海岸や吉野海岸の2つのビーチに比べて低いですが,シギラビーチは絶好のシュノーケルスポットです.一見しただけでは綺麗な海が広がる宮古島ではなんの特徴もないビーチのように見えますが,コンパクトな湾でありながら,少し泳げば熱帯魚やサンゴが姿を現します.

 

ウミガメやナポレオンフィッシュもここで見ました!プライベートビーチのようでありながら,宿泊客以外も無料で利用可能な素晴らしいビーチです.ビーチハウスの設備が充実しておりシャワーや更衣室も無料で利用可能であり.駐車場も無料と至れり尽くせりです.スノーケルをするならここです!  

 

また,アクティビティとして「カヤックで行くシュノーケルツアー」といったプランも用意されており,もしあなたがスノーケルの初心者であるならば,最初にこのアクティビティを利用することをオススメします.シュノーケルに必要な道具のレンタルが込みで,プロのツアーガイドのレクチャーもあり,安心して海に入ることが出来ます.特にシュノーケルの口呼吸は,慣れるまでは水を飲んでしまいパニックになるなどのケースをよく目にしますので,ライフジャケットとインストラクターのサポートがつくことは安心感があります. 

 

そして,シギラビーチが何よりも素晴らしいのは,内湾でありながら満潮時には10m程度の深度に達することであり,ベテランのシュノーケラーにも最高におすすめです.遠浅の海岸でプカプカ浮いて綺麗な魚を眺めるもの楽しいですが,潜れる深さがあり,50cm以上のナポレオンフィッシュやフエダイ,ハタなどにも出会うことが出来て,海亀との遭遇率も高いなど,至れり尽くせりの最高のビーチであると自信を持ってオススメします. 

 

なお,第2ビーチハウスが2017年夏に完成し,今後は混雑することが少々懸念されますが,逆に更に設備が整うことになり,宮古島ナンバーワン人気ビーチとなる日も近いでしょう.人気スポットとして混雑する前に訪れてみてはいかがでしょうか? 

 

 

1-④「砂山ビーチ」砂の山を越えた先に広がる青く美しいビーチ

 

宮古島のおすすめ「砂山ビーチ」

 

南国植物に覆われた小高い丘を抜けたその先に映るエメラルドグリーンの海.小さな冒険の先に広がる美しい海が目に飛び込んでくる瞬間,歓喜の声を上げること間違いなしの素敵なビーチ,それが「砂山ビーチ」です.透明度は前浜ビーチの方が上かもしれませんが,丘の上から望む風景は砂山ビーチでしか感じられないパッションがあるのです.

 

絶景,まさに絶景! それは人口のビーチとは一線を画した,自然が作り上げた趣が訴えかけてきます.自然の中にあるビーチでありながら,その完成度は圧倒的.自然と海の大切さを痛感し守らねばならないと決意を新たにすることでしょう.

 

その絶景を楽しめる砂山ビーチですが,いくつか知っておいていただきたいポイント「注意点」があります.シュノーケルで熱帯魚を見ることもできますが,この砂山ビーチは潮流が速いので遊泳やスノーケルは止めておいた方が良いでしょう.というのも,砂山ビーチは残念なことに,宮古島で一番事故が起こっているビーチだからです.2000年には沖合40mでイタチザメによる死亡事故,2014年には遊泳していた観光客4人が死亡(波浪注意報発令中),2016年にも海岸近くでサメが目撃されています.

 

というわけで,砂山ビーチで泳いだりシュノーケルをしたりすることは控えましょう.せっかくの楽しいバカンスで怪我や事故に遭遇しては元も子もありませんし,そんなリスクを侵さなくても,宮古島には遊泳&スノーケルに適したビーチがたくさんあります.その美しい景観を眺めるとともに,散策したりのんびり寛いだりするだけで十分満喫できます.

 

なお,砂山ビーチは駐車場からその名の通りの砂山を5分程度上り下りする必要があり,この道のりが趣があって素敵なのですが,お年寄りや乳幼児には少々キツく感じるかもしれませんので,その点もは意識しておくと良いでしょう.

 

 

1-⑤「イムギャー」穴場のシュノーケルスポット.橋からの飛び込みも最高!

 

 

これまでに紹介したスポットと比べて知名度はぐっと落ちますが,前浜ビーチとシギラビーチの間に位置するイムギャーは,シュノーケル好きには欠かせないスポットです.池のような内海に橋がかかった公園として整備されており,無料の駐車場とトイレ,シャワーも設置されています.イムギャーの歳代の特徴は深さ15mにも達するガーデン内海.

 

リーフが点在して魚影も濃いため独特の世界が広がっています.内海のため,波の影響を受けることも少なく,ここでしか楽しめないシュノーケルが味わえます.橋から飛び降りるおそらく現地の子どもも見かけますが,橋の下は深いので,泳ぎに自信がない方は気をつけてください.人も少ないので,もしもの時のためにライフジャケットか浮き輪は持参しましょう.

 

なお,シギラリゾートが「インギャーコーラルヴィレッジ」というホテルリゾートの開発を行っており,8棟72室の客室は家族向けの作りとなっている模様です.客室の広さは室内56平米+ロフト,+テラス,全室ジェットバス,洗濯機つきと充実した仕様になっています.※2017年7月に開業しました.

 

 

1-⑥「新城海岸」初心者向けのシュノーケルビーチ.遠浅で綺麗な海岸

 

 

新城海岸はシュノーケルに人気のスポットとなっています.特徴は遠浅のビーチとなっており,熱帯魚の生息数は宮古島でも屈指の数であると言われています.シュノーケルやマリンスポーツ,アクティビティを楽しむなら,これまでに挙げた4つのスポットがオススメですが,個人的にはドライブを兼ねて遊びに行くのが良いでしょう.

 


 

2.宮古島のおすすめホテル「リゾートホテル」&「コストパフォーマンス重視ホテル」

 

 

宮古島の高級ホテルは与那覇前浜の「宮古島東急ホテル&リゾーツ」と,宮古島の中央南に位置する「シギラベイサイドスイートアラマンダ」の2大リゾートホテルが君臨しています.贅沢な旅を楽しみたい方はこの2つのどちらかを選んでいただければ間違いないでしょう.

 

一方で両ホテルとも市内中心部からは離れている(前者は車で10分,後者は車で20分)ため,市内の飲食店に行くのは少々不便でありますし,宮古島の海を満喫し,マリンアクティビティや観光で一日中ホテルから離れて遊ぶ予定という方には高級ホテルはもったいないような気もします(価値観の問題).

 

ホテル宿泊費はできるだけリーズナブルにして,その料金分スキューバダイビングを楽しんだり,贅沢に飲食する選択も考えられます.その場合は平良市内のシティホテル(ビジネスホテル)が良いでしょう.宮古島のホテルに10件以上泊まった経験を元に,おすすめホテルを紹介します.

 

 

2-①.家族で宮古島を満喫するなら「宮古島東急ホテル&リゾーツ」がおすすめ

 

宮古島の高級ホテル「東急ホテル」

 

「宮古島東急ホテル&リゾーツ」は,東洋一美しいと称される前浜ビーチの目の前に位置している,宮古島で老舗の高級ホテルです.部屋数は242室.「美しいエメラルド色の楽園」を銘打っているだけおり,施設の古さはやや気になるものの,宮古島随一の高級ホテルとして君臨しています.

 

バイキング形式のレストラン「シャングリ・ラ」,和風ダイニング「やえびし」,バーベキューハウス,バー「ムーンシェル」(カフェテラス)など,館内に複数のレストランが営業しているため,ホテル内で飲食も完結することが可能で,まさに宮古島のベストリゾートと言えるでしょう.宮古島中心街(平良地区)へも車で15分程度,かつタクシーで2000円程度とアクセスの良さも秀でており,マリンレジャーやリゾート満喫だけでなく,中心街レストランにも不便のない絶妙なホテルです. 

 

 

2-②.カップルでバカンスを楽しむから「シギラベイサイドスイートアラマンダ」がおすすめ

 

宮古島のおすすめホテル「シギラ」

 

売上高1400億円超の株式会社ユニマットプレシャスが運営するです.2017年現在も開発投資を続けており,宮古島でいま最も勢いがある企業と言っても差し支えないでしょう.そのシギラリゾートが2013年4月より運営を開始したのが,最上級ホテルブランド「ザ シギラ」です.そして,旗艦リゾートホテルが「シギラベイサイドスイートアラマンダ」.ホテル客室はすべてスイートルームと高級リゾートであることがアピールポイント. 

 

管理人の一番おすすめなシュノーケルポイントである「シギラビーチ」に近接しており,マリンレジャーを楽しんだり,リゾートバケーションを過ごすのには最高のホテルですが,飲食店が集積している平良市外からのアクセスは少々不便ですので,その点だけ意識しておいていただくと良いと思います.贅沢なリゾートライフを満喫したいあなたにおすすめします. 

 

 

2-③.平良市内で一番好きなホテル「ホテル・デ・ラクア 宮古島」

 

宮古島市内のおすすめホテル

 

「ホテル・デ・ラクア 宮古島」は宮古島のシティホテルの中では高い部類に入りますが,一番おすすめなホテルです.平良市街中心に位置していながら,パイナガマビーチにも近く2011年にオープンした,新しく綺麗で設備の充実したホテルです.総部屋数18室と小規模営業かつ人気のホテルのため,予約を取るのは困難ですが,宮古島旅行を思い立ったら本ホテルを予約することからはじめましょう.大浴場とランドリールームも完備されており,ダイビング機材の洗い場もあります.特にスイートルームと和洋室がおすすめで,一泊1万5千円程度で素晴らしい部屋に泊まれます. 

 

 

2-④.宮古島中心部&設備充実の「ホテルピースアイランド宮古島市役所通り」

 

宮古島のおすすめホテル

 

ピースアイランドグループはいくつかホテルを運営していますので間違えずに「ピースアイランド宮古島市役所通り」を選びましょう.場所はまさに宮古島市役所の隣であり,市内中心部の絶好の立地が強みです.またこのホテルは部屋内に洗濯機と電子レンジが完備されていて,とにかく設備が充実しているというのがおすすめなポイントです.2017年のGW旅行で利用しましたが,ツインルームのシングルユースで一泊9000円と大変お得で満足度は非常に高かったです. 

 

他にも宮古島にはいくつもホテルがありますが,基本的には上記の4ホテルから選ぶことをおすすめします.もちろん他にもホテルはございますが,設備やコストパフォーマンスの面で今回挙げたホテルよりは見劣りしており,自信を持っておすすめいたします.