★スタディサプリの評判?「高品質で低価格なネット塾!」コスパ最高の学習サービスを活用しよう★

スタディサプリ

 

◆「スタディサプリの特徴」&「スタディサプリが選ばれる理由」◆

 

スタディサプリ
  • What(なに):有名予備校で活躍している実力派講師陣による高品質な授業動画が視聴可能なオンライン予備校サービス
  • When&Where(いつ/どこで):いつでもどこでもインターネットにアクセスできる端末から受講可能
  • Who(対象):小学4年生~大学受験生
  • Why(なぜ):利用料が安い! 月額1,980円(税抜)※2020年2月18日以前の申込は月額980円(税抜)
  • How(どのようにして):スマホだけでなくタブレットから利用可能.インターネットに接続したテレビからも利用可能

 

◆高品質で低価格なネット塾「スタディサプリ」コスパ最強の学習サービスの考察◆

 

スタディサプリ

 

スタディサプリの評判などという検索ワードが上位にランクインしたいた.時間をかけて調べるまでもない.「結論:スタディサプリはコスパ最高の学習サービスだ」ネットに溢れるレビューの大半はインチキで溢れ悪貨が良貨を駆逐しているので,義務教育課程からリテラシーレベルを上げなければ騙されてしまう.

 

スタディサプリの素晴らしさについては以下のリンク先に詳細をまとめたので詳しく知りたい方はご覧になっていただきたい.

 

★「スタディサプリ」のメリットと活用方法を徹底解説 | スタディサプリをテレビで見る(TV視聴の方法)★

 

利用について悩む必要はない.なぜならスタディサプリは「月額1,980円(税抜)」「年一括価格:19,800円(税抜)」と格安だからだ.スタディサプリがコスパ最強であることに疑問の余地はない.

 

つまり本稿をご覧になっているあなたが小学生~中学生の保護者であるならば,考えたり迷ったりする時間が無駄であり,スタディサプリを契約して,一日でも早く学習を始める方がずっと生産的である.

 

素晴らしい学習サービスを利用するか利用しないか迷うのではなく,素晴らしい学習サービスをどのように活用するべきか試行錯誤すべきだろう.

 

日本の公教育の問題は,教師の質に質にバラつきがあり,適切な授業をすることが出来ない教師が散見されることだ.学校で酷い授業を聞いて学んでも知識や理解が深めることは困難であり,子どもの学習意欲を刺激して知的成長を促すことは,あまり期待できない.※それでも他国よりもずっとマシであることは申し添えておく.

 

運が良ければ優秀な教師に出会えることもある.でも残念ながら,大抵の公立学校教師は意欲と能力に問題を抱えている.これは当たり前の話だ.頑張っても給料が上がるわけでもなく,年功序列で多忙な公立学校教師を優秀な人材が目指すはずがない.

 

そして,志に燃える優秀な教員も頑張っても評価されない制度下では勤労意欲を徐々になくしていく.成果を出しても給料が増えない環境でどうして教師が前向きに頑張ると期待できるというのだろう?

 

モチベーションとインセンティブの基本設計が機能していない組織は機能不全を起こす.組織論や経営論の基本だ.だから富裕層から順番に教育に莫大なお金を投じて私立国立大学受験を目指している.当たりの確率が高い方にベットするのは合理的な選択と言える.

 

一方で教育に莫大な金額を投じるだけの費用対効果があるかの疑問もある.俗に言う「公立学校VS私立学校」のコスパの問題だ.公立学校の学費は基本無償.私立学校は親の年収や都道府県の補助にもよるが学費は数十万円/年.これだけのコスト差を正当化するのは難しい.自習できる人材は公教育でも難関大学に合格可能であるからだ.

 

ゴールは難関大学の合格と義務教育知識の修得である.だったら安くて良質な授業を受ければ良いのではないか? それを実現したのがスタディサプリである.

 

子どもを学習塾に通わせるか悩んでいる方,ネット塾を選んでいる方,どの学習サービスを選んだら良いか迷っている方,子どもに「勉強して欲しい」「知識を効率よく身に着けたい」「受験で成功させたい」と少しでも考えていらっしゃるなら,スタディサプリの申込をオススメする.

 

なぜなら,オンライン予備校サービス「スタディサプリ」は費用対効果の面で最強だからだ.「コスパ最高」な学習サービスの選択として選ばない理由は見つからない.

 

スタディサプリをどう活用するのか? 子どもに自習の習慣をつけさせるのはどうすれば良いか?というのは方法論,つまりは運用の話であり,良質な学習ツール(学習ハードウェア&学習ソフトウェア)を整えた上で試行錯誤して進めれば良い.

 

 

クドクドと記した.最後にスタディサプリの価格を掲載する.この価格をどう捉えるかは個人の価値観の問題であるが,質の悪い個人塾の利用料でも月額1万円を超え,大手塾に至っては月額2万円~3万円が標準価格であることを考えれば格安であることが理解できるだろう.講義内容は同等もしくはスタディサプリの方が高品質なのだ.

 

●スタディサプリ価格:

  • クレジットカード決済(月払い),キャリア決済(月払い):1,980円(税抜)
  • クレジットカード決済(12か月一括):19,800円(税抜)
スタディサプリ

 

塾は通って強制的に学習させられる.スタディサプリは自主的に学ばねばならない.それだけの違いだ.強制的に勉強をさせたいのであれば,保護者が子どもと一緒にスタディサプリを学べば良いのである.頭が悪くなるバラエティとドラマとクイズ番組の放送で溢れる地上波民放ゴールデンタイムにリビングのテレビをスタディサプリに接続して一緒にスタディサプリで学習する.

 

算数/数学は小学校の応用問題レベルで難問であり,世の中の大人の8割以上は解けないだろう.理系難関大学もしくは国公立大学を卒業した者でなければ解けない問題がいっぱいある.それでも一から学べばそれが解けるようになり,子どもの成績向上に繋がり,志望大学の合格に繋がる.良いことづくめだ.

 

頭の良くない人間に限って「暗記は無意味」「従来教育は非効率」「知識はググれば良い」「AIの時代は個性」などといったことをドヤ顔で発言する.学校の勉強さえできない人間が社会で成功を納めるには稀有な才能がなければならない.

 

日本はある程度真面目に勉強すればほぼ確実にMARCH大学に合格が可能な公平な社会だ.学歴はラベルでありオプションだ.学歴があるから優位にゲームが進められるという類のものではなく,学歴がないとゲームに参加できない可能性が生じてしまう.

 

子どもが幸せに人生を送る確率を上げるために「出来るだけ良い教育&良質な学習サービス」を選ぶべきではなかろうか? すべての子どもと保護者の皆さまの検討を祈る.