★無料求人の掲載は“indeed”よりも“engage”が効果的だった話“Googleしごと検索”に掲載されてオススメ★

 

◆ 「Indeedのサービスは画期的ではあるが、求人募集をする側が使うメリットは小さく、他のサービスからIndeedに掲載された方が安くて効果的」 「Indeedの無料掲載は効果ゼロだった件」「engage(エンゲージ)の無料求人登録を活用すると自動的にindeedとGoogleしごと検索に掲載されたのでオススメ」◆

 

仕事探しはインディード♪ インディードのCM鬱陶しくないですか?(笑) indeedは狂った量の広告を投じて無料求人をPRしています。

 

リクルートのCMは全般的に苦手ですが、あの情弱をターゲットにしているとしか思えないキャッチフレーズのリピートCMは頭が痛くなります。タウンワークのCMも同様に記憶にだけは残るので、効果が高いのでしょう。

 

求人で荒稼ぎをしている不快な仲介企業の連中から、求人無料を掲げて市場を制覇したIndeedが素晴らしいサービスであることに異論はありません。

 

それでも、採用側、つまりは求人を実施する企業がIndeedを選択することが最適な選択か? と問われれば、弊社はかなり否定的です。もちろん、IndeedのSEO力は絶大で、アルバイトやパートといった検索ワードの筆頭に表示されますし、求人情報を自動で掲載するIndeedの仕組みは画期的です。

 

仕事を探しているわけでもないのに検索結果に表示されるのは辟易としますが(Googleの問題)。

 

それでも、Indeedは求人側が積極的に金を払って利用(掲載)するサービスではなく、勝手に無料で求人情報を掲載してくれるサービスであると捉えるべきだと提案します。Indeedのから無料で求人掲載しても掲載効果はほとんどない。

 

Indeedで無料求人登録するよりも、エンジャパンが提供する「engege」を活用して登録する方がずっと簡単であるし、効果が高かったのでその紹介をしましょう。

 

まずIndeedの整理から。Indeed(インディード)は、世の中の求人サイトや企業の採用情報など求人情報だけを集約した「求人特化型検索エンジン」です。検索エンジンが掲載順位をコントロールして稼ぐ仕組みを確立した稀有な仕組み、それがIndeed。

 

少しITリテラシーがある方ならご理解いただけると思いますが、Googleが自社の情報で課金しているか? と考えていただくとわかりやすいと思います。Googleが検索エンジンで提供しているのは、Google社が発信する情報ではない。そして、情報を発信する者も検索する者も無料で利用できる(ただし、広告は除く)。

 

それを、Indeedは求人を希望する企業に掲載させて、クリック課金での収入も得ている。あぁ、いやらしい。

 

先日“Googleしごと検索”の提供が開始されましたが、これはWEB上の転職・求人情報サイトや企業の採用ページ等から求人情報を探して、検索結果に分かりやすく表示するというGOOGLEらしいサービスです。求人側と申込側、どちらからも金を取らない。広告で稼ぐのが清々しいです。

 

別にIndeedをディスりたいわけではなく、Indeedに課金するのは馬鹿馬鹿しい。Indeedの有料掲載なんてしなくても、Indeedは活用できるからです。というのも、Indeedは基準が結構厳しくて、彼らの一存で掲載の可否が決まります。

 

だから、ステータスが「募集中」になっているにも関わらず、閲覧数はゼロ。インディードに求人登録したにも関わらず、募集中の求人に掲載されない、Indeedに求人が表示されないという事態が起きてしまう。

 

 

Indeed の掲載基準を満たさない求人は審査対象となり、追加情報の提出を求められることがあります。誤解を招く恐れがある、または、求職者の権利を損なうと見なされる求人投稿や、職務の実在が疑わしい求人投稿は、求人検索結果から完全に削除される場合があります。注記: Indeed は理由を提示することなく、求人の掲載を拒否および削除、または採用企業のアカウントを無効化する場合があります。求人の削除、またはアカウントの無効化について、Indeed よりすべての理由を説明することはいたしかねます。Indeed は、Indeed またはユーザーの利益に関わると判断した場合、あらゆる無料求人広告または有料のスポンサー求人広告を削除する権利を有します。

 

 

その点良かったのはエンジャパンの「engage」サービスです。簡単に登録できて自動的に「Indeed」と「Googleしごと検索」に掲載される。いやはや素晴らしい。どこで稼いでいるのか理解に苦しみますがとても良いサービスです。

 

というわけで、Indeedに求人が表示されない。→ クリック課金。と無駄金を使う前に「Engage(エンゲージ)」を試してみてはいかがでしょうか?

 

求人に一番効果的だったのはジモティーだったりするので(地方でアルバイト募集するならジモティが最強かも)様々な無料求人サービスを活用して募集することをオススメします。

 

以上、中小企業や個人事業主が求人募集に金を払うなんて馬鹿馬鹿しい!無料でいくらでも人は集められるよ!という話でした。