★「新型コロナ融資」日本政策金融公庫は個人事業主と中小企業の最高のパートナー★

日本政策金融公庫

 

前年黒字で確定申告を実施していれば、日本政策金融公庫の新型コロナ融資は、ほぼ確実に利用できる

 

 

新型コロナウィルスに関連した自粛要請により、飲食店や観光業が軒並み大打撃を受けている。

 

新型コロナウィルス感染拡大防止を図る政策は、経済を縮小させる施策に直結する。だから飲食店と観光業を筆頭にダメージは避けられない。

 

インバウンド収入が壊滅したところに、日本人の飲食店消費も激減したので、新型コロナウィルス騒動が最短の2020年ゴールデンウイーク明けで終息したとしても(まずありえない希望的観測)3ヶ月の売上/消費が蒸発した分を取り戻すことは永遠に出来ない(半年の売上/消費の蒸発もあり得る)。

 

コストパフォーマンスがセールスポイントであった魅力的な日本の飲食店は、薄利で自転車操業で日銭商売で営業していた分ショックに弱いのが実態だ。分厚い資本があるか、利益を預貯金で積み上げていた事業者以外は、耐えきれず倒廃業が続出するだろう。

 

世知辛い話であり、厳しい現実である。

 

自分に出来ることは何だろう? と考え知人の個人事業主に「日本政策金融公庫の新型コロナウイルス感染症特別貸付」を紹介して申請協力することにした。当面の運転資金を無利子ないしは超低金利で借り入れることができる。

 

融資ならいらないと判断するケースもあった(日本は借金に対する嫌悪感が強い傾向がある)。それでも、付き合いのある事業者の5件が、日本政策金融公庫のコロナ融資を申請して、全員(5分の5)が融資決定した。

 

サポートした5件とも前提条件として以下の状況。

  • 全て個人営業の店舗(個人オーナーが経営するパート従業員1人~3人程度の飲食店)
  • 4店舗は年間利益が100万円以下(1店舗は300万円)。赤字ではない。しかし全然儲かっていない。
  • 日本政策金融公庫の「マル経融資(小規模事業者経営改善資金)」の利用実績あり。冷蔵庫を買い替えるとか、リフォームをするする等の理由で、30万円~300万円の範囲でマル経融資を利用していた。借りる必要がなくても借りるよう推奨していた。これは事業の知恵。

そして皆、確定申告を実施していた。だから今回の「新型コロナウイルス感染症特別貸付」は以下の4つの書類を提出するだけで完結した。

5件の飲食店の全部「新型コロナウイルス感染症特別貸付」の融資が決まった。100万円~500万円の融資である。私は限界額まで借りれば良いのではないかとアドバイスしたが、皆、年間売上の範囲内の金額を申請した。

 

もし私が金主なら貸せないような経営状況の飲食店にも日本政策金融公庫は貸してくれる。丁寧な対応をとってくれる。融資申請から融資実行までのフローは以下の通り。

  • ①必要書類を郵送(レターパック)申請(3月末)
  • ②電話面談(①+8日)その場で融資決定
  • ③契約書受領(②+7日)
  • ④契約書及び必要書類(印鑑証明書・通帳コピー・身分証明書コピー)返送(③+2日)
  • ⑤融資実行(④+9日)

融資申請から融資実行まで26日。途中に土日を挟んでいる(電話面談は日曜日、公庫職員は日曜日も稼働しており頭が下がる)。申請書類のやり取り期間を除けば2週間程度のスピード感である。本当に素晴らしい。

 

※なお、本件は3月申込分のタイムテーブルであり、4月上旬現在、政策金融公庫への融資申し込みが殺到しており、45日~60日程度かかる可能性があるとのこと。

 

出来る限り支援するよう政府(経済産業省)が指令を出しているので、属性や書類に不備がなければ断らない状況である模様だ。融資を回収できるのか疑問ではあるものの、借りる側にとっては相当に優しい条件で融資を実行している。※月間売上×6ヶ月の金額まではノールック融資という感想。

 

これが良い悪いは立場によって異なるので是非は各自に委ねるが、前年黒字で確定申告を実施していれば、政策金融公庫の新型コロナウイルス感染症特別貸付は、ほぼ100%通ると想定される。キャッシュに不安がある方はご活用いただければと思う。

 

(PS)私がサポートした事業者の情報は守秘義務の観点から明かさないが(そもそも知り合いなので無償サポート)ネットには続々と融資獲得の報が投稿されている。「新型コロナ融資事例」の一部を紹介することとしたい。

※融資して回収できるのか大いに疑問。という対象が散見されるくらいに甘い基準で融資している。

 

 

日本の新型コロナ経済対策の内容が悪い、スピード感が遅い、などと情報弱者が叫んでいる(安倍首相嫌いやポジショントーク連中が多い)。私は安倍総理も自民党も一切支持していないが対策は上手くやっていると思う。

 

加えて個人事業主には、2020年5月に持続化給付金「100万円」が実行されそうなので、一部対象にはこんなに手厚い給付・融資・補償をして大丈夫なのか?という新型コロナボーナスステージである。

 

※友人に高所得サラリーマンが多いので、高額納税者の彼らは個人事業主への手厚い給付や、全国民に10万円給付せよとの意見に皆怒っていた(所得税を減らせ!というのが彼らの主張)。日本のメディアはマスゴミと形容されるくらいにクズで無能なので、新型コロナ後は社会に禍根を残し日本の没落を早める結果になると危惧している。

 

余談だが、ファクタリング業者が暗躍しており、私が知る限りはファクタリング業者は全部「黒」か「グレー」なので利用はお勧めしない。詐欺みたいなものだが、詐欺を理解できない人間と騙される人間がたくさんいる。

 

「日本は庶民にとって世界一優しい国」USAやCHINAの弱肉強食社会を見て心から思う。全ての事業者の健闘を祈る。