★「無能な面接官」が選ぶ「意識高い系」の使えない人材 日本企業の採用面接を問う★

 

弊社は日本の新卒採用は欠陥が多いと考えている.なぜなら,面接官の質が悪く,定量的な選考指標を持たないからである.つまり,頭の悪い面接官が,馬鹿みたいな質問をして,感覚的に評価をする.このような事態がまかり通っている.

 

もちろん,まともな面接官もいるし,きちんとした選抜をしているケースもたくさんある.しかし,自分が前職で採用担当であった時は,面接官の選び方は疑問だらけであったし(酷かった),母校の大学の就活イベントで他社の人事関係者と話をした時も,結構な確率で能力と適性を疑う面接官に遭遇してきた(酷かった)ので,ちまたには無能な面接官による馬鹿みたいな面接が横行していると確信を持っている.

 

 

その結果どうなるか? 「意識が高いだけの使えない新入社員の大量発生」である.ランキング大好きな「東洋経済」が面白い記事を掲載していたので,まずは次の記事をご覧になっていただきたい.以下,記事の一部引用である.

 

→「何もしない上司」に感謝すべき納得理由

 

 

意識高い系学生

 

聡明なあなたは嘘だろ? ヤラセの質問だろ? と疑うかもしれない.大手IT企業の何十倍もの選考を突破した人材が,

  • 業務経験1年未満で案件も持たないのに上司の仕事に駄目出しをする.
  • 駄目出しは分析報告ではなく感想文でありエビデンスへのこだわりを否定する.
  • 上司は質問に答える姿勢を示している.
  • 上司は部下の意見や考えを先にヒアリングした後で答えるという,コーチングのスキルもありそうだ.
  • にも関わらず,新入社員は自分の意見や考えがなく,質問ができないという.
  • そして,自身の将来に関する明確なキャリアビジョンを持たない.でも転職したいと考えている.

こんな人生相談は絶対ネタでしょ? と笑いながら酒のアテにするようなレベルの相談内容である.楽な職場でみんな仲良く過ごしたいって楽園かよw しかも,お前がアドバイスしたり指示したりするのかw と某ちゃんねるなら人格ごと一つずつ否定してくれるだろう.

 

しかし,おそらくこの記事はネタではないし,日本企業はこのような人材を,優秀な人材として新卒採用で高く評価して,けっこうな人数を採用している.当たり前の結果だ.無能な人材が適当な選考基準でふわっとした面接を実施して,どうして優秀な人材が獲得できると思うのだろう? という話だ.

 

勘違いしないでいただきたいのだが,新入社員に罪はないし否定するつもりもない.この新入社員には考えることが必要な業務ではなく,ルーチンの定型業務を実施させれば良い.この人材に将来的に成長できるポテンシャルがあり,企業に長期目線で育成する余裕があるならば,じっくり教えて育ててあげれば良いが,転職願望があるのだから,笑顔で送り出してあげるのが手っ取り早いだろう.

 

質問者へのアドバイスとしては,

「運良くホワイトな企業に入社できて良かったね.本当に運が良いよ.新卒一括採用を崇拝し大切にする日本企業では,転職は新卒採用よりもチャンスが少ないけれども,第二新卒も現状バブッていてテキトーな選考をしているから,運が良ければステップアップの転職ができるかもしれないね.でも,いま働いている企業と環境を捨てて,あなたが成功できる可能性は高くないと思うから慎重にね!」

と伝えたい.

 

問題があるのは,採用側企業の選考基準であり,面接官である.莫大な費用と稼働をかけて,意識高い系のふわっとした人材を採用してしまって,現場で役に立たないという現実を直視すべきだろう.繰り返すが,採用基準と面接官に問題があるからこのような結果になる.求人倍率が高く,就活の学生優位な現状では,カネや稼働をかけても良い人材を獲得できないと諦めていないだろうか? その御社の課題,弊社なら解決できる.問い合わせをお待ちしている.