★航空宅急便がめちゃくちゃお得で超便利!ANA快速宅急便とJAL宅配便を利用して旅行土産を安く送る方法★

 

旅行先でお土産を買うの超楽しいですよね.北海道や沖縄なんて行ったものなら,スーツケースが満杯になってしまいます.それでも,飛行機への手荷物持ち込みは,サイズが3辺の合計が115cm以内と限られていますし,とはいえ,デカいキャリーバックに土産を詰め込むと重くなるのが悩ましいところです.

 

そこで活用するのが航空宅急便です.飛行機の搭乗者に向けた安くて超便利な宅急便のサービスです.

 

 

この航空宅配便は「出発空港で荷物を預ける→自宅に荷物が届く:利用料は1000円」という素晴らしいサービスです.搭乗客の利用満足度向上を狙った航空大手の全日空と日本航空のオリジナルのサービスであり,格安航空会社では提供していません.

 

サービス名称こそANAとJALで違いますが,同等の宅配サービス.手荷物を預ける際に1000円の航空宅配便を利用したいと伝えれば手続きをしてくれます.

 

この「ANA快速宅急便」と「JAL宅急便」の何が素晴らしいのか?それは「圧倒的な低料金」「大きな荷物も宅配可能」この2点に尽きます.つまり,デカい荷物をお得に送ることができるコスパの高いサービス.詳しくはリンク先を読んでいただければと存じますが,簡潔にサービスの特徴を述べると,いずれも「料金:1000円/荷物」にて宅配が可能であり,

 

  • JAL宅配便:「3辺合計が230cm以内」「重さが20kg以内」「個数制限なし(計100kgまで)」
  • ANA快速宅空便:「3辺合計が203cm以内」「重さが25kg以内」「個数3個まで)」

 

とJALの方が少しばかり充実したサービス内容となっています.昨今の物流に係るコストの値上げラッシュは激しく,ヤマト宅急便や日本郵政のゆうパックなど,宅配価格は利用を躊躇するレベルになりつつあります.具体的に確認してみましょう.自分が普段利用している70リットルのスーツケース(3辺合計:144cm)を「沖縄⇔東京」に片道で送ると,

 

  • ヤマト宅急便160サイズ:4,082円(宅急便料金定価)
  • ゆうパック160サイズ:2,610円(定価)

 

の料金です.あれ? ヤマトの宅急便よりもゆうパックの方がずっと安いですね.いままで何も考えずにヤマトの宅急便を選んでいましたが,これからはゆうパックを利用することにします.無知でいた自分が恥ずかしいです.

 

3辺合計160センチサイズの荷物でこの送料ですので,3辺合計200センチを超える荷物なんて送った際には送料だけで立派な土産が複数買えてしまう.実にもったいない話ですね.

 

ハウツーとまでは言えないかもしれませんが,自分が工夫しているのは,70Lサイズと40Lのキャリーバッグを両方持参します.どういうことか? 70Lのデカいキャリーバッグの中に40Lのキャリーバッグを収納して旅行/出張するのです.70Lは3片合計が145cmですので預け荷物となりますが,40Lは3片合計が110cmなので持ち込み荷物で運搬可能です.

 

往路はデカい70Lキャリーバッグを転がして移動しますが,帰りは70Lを航空宅配便で宅急便として自宅に送り,自分が持ち込む荷物は40Lのキャリーで機内持ち込みとするのです.こうすると,旅先での大量の土産を楽々配送可能であり,かつ預け荷物のピックアップ等の手間や時間も縮減できます.あら便利.

 

航空宅配便は,出発の空港まで持参する必要があるため,往路の利用は使い勝手が良くない部分もありますが,復路の土産や荷物の運搬には利用価値が極めて高いサービスですので,積極的に活用してお得で快適な旅や出張をお楽しみ下さい.