★有給で採用直結のインターンシップに申し込もう! 大学1年・2年からインターンシップで稼ぐ★

ゴールドマンサックスのインターンシップ

 

→インターンシップは「長期・有給」が狙い目だ

 

弊社では以前より形だけのインターンシップを否定し、特にワンデーインターンについては全力で批判を実施してきた(使い捨てコンタクトと違って利用者利点皆無)。インターンシップの目的は、企業にとっては早期に優秀な学生に目星をつけるという青田買いであり、自社のブランドイメージの向上であろう。

 

学生にとっては、インターンシップに参加することにより、貴重な経験を得られること、採用で有利になること、もしくは報酬を得られることのいずれかがなければ、参加する価値などない。だからワンデーインターンは企業側と学生側の双方にとってメリットがほとんどないにも関わらず、それでも実施する無能な企業が溢れているのには辟易する。

 

さて、本記事では「長期有給インターンシップ」を学生に勧めており、弊社としても全面的に賛同したい。「長期」かつ「給与がもらえる」インターンシップを実施している企業が1000社もあるという。

 

※データベースで弊社がまとめたいところだが、リクナビが実施しているところに突っ込んでいっても勝てるはずもない。リクルートの戦略は流石だ。→【リクナビC】長期有給インターンシップ情報

 

 

 


 

学生は自身の価値を安易に安売りせず、価値と対価のあるインターンシップを選ぶべきであるし、企業もこの超人手不足時代に、優秀な人材を獲得するためには「ヒト・モノ・カネ」を投じなければ、他社に先んじることはできないと認識すべきだろう。

 

ただ、掲載側企業にとっては、リクナビの利用料は高額で、ローカル企業ならではの強みもあるので弊社は名古屋に限定して2018年夏に情報発信を実施したいと考えている。優秀な学生を採用したい、インターンシップを導入したい企業経営者や幹部の方は「→問い合わせ」 いただければ幸いである。

 

就活戦略