· 

★「就職先の決め方」給料が安い企業を就職先に選ばないこと★

就活ワーストランキング

→30歳年収「東京都ワースト500社」ランキング(東洋経済オンライン)2017年10月11日

 

ランキングが大好きな東洋経済が新たなデータを示した。年収ワーストランキングである(こういう品のない記事がアクセスの上位だ)。ブラック企業リストと同様に、掲載されることでマイナスの影響を受けること間違いなしの指標である。

 

本データがどこまで正確であるか? の議論はあろうが、給料は一番重要な指標であるといって間違いないだろう。学生は入社先を決めた理由に、やりがいや社員の人柄を挙げることも多いが、やりがいなんてどの職種や業務を担当するかで異なるし、人柄や雰囲気なんて所属した職場の上司と先輩次第でがらりと変わる。

 

そんなあてにならない曖昧な指標ではなく、年収(報酬)は絶対的な価値を持つ。前向きな転職理由のほとんどが年収アップを目指してであるし、少しくらい仕事が辛かろうが給料さえ良ければ我慢ができる。忙しくて待遇が悪い(労働対価が悪い)から人は離職するのだ。だから、この東洋経済のランキングをすべて鵜呑みにせよとは言わないが、参考に値するデータと指標であるため、ご覧になっていただければと思う。

 


就活戦略